パリ♪(セーヌ川クルーズするなんて)

  • 2019.08.20 Tuesday
  • 18:02
高畠家パリ旅行記●つづき●です!

あれから3ヶ月ですが、ここまで来たら堂々と最後まで振り返ります( ̄ー ̄)

…まだまだ続くけど笑


パリ旅行3日目は、憧れのモン・サン・ミッシェル出発からの憧れのベルサイユからの
ただいま!私のパリ!!




ベルサイユから…二時間もかかったかなぁ…忘れたなぁ…


エッフェル塔の足元辺りでバスを降りて





パーリの〜空より〜もた〜か〜く〜♪

って心で歌う
(宝塚の曲です)
(記憶が正しければエッフェル塔のお話だったかと…)


チケット貰って、いざ!セーヌ川クルーズ!!



閉所恐怖症な私

所謂船内は苦手でして…

寒いけど、デッキって言うのかな?
船の屋上というか屋根の上というか
そちらに陣取りました

酔い止めも勿論飲みました←毎日




セーヌ川を途中まで行って、引き返して来ます

その間に色々と見ることが出来ました

気温は低くて風は強いけれど
お天気良くて、ポカポカして
最高に気持ち良い!!



船は好きじゃないのに、船からの眺めは特等席だな!って思いました

岸にいる人に手を振ったら、時々手を振り返してもらえます♪
国際交流です!
↑↑↑
あーまた手ぇ振ってるやついるなぁーって思われてるかもやけど




↑↑↑
多分、これ、シテ島です

多分 笑

トンネルではなく、橋の下を通ったり



立ってたらスレスレですよね

古い古い橋の下を通っていると思ったら、なんだかワクワクしました


そして

とてもとても気になっていた
ノートルダム大聖堂

クルーズ船の皆さんも真剣に眺めておられました




火災の跡が痛々しい

でも、ちゃんと復興作業が進んでいて



クレーン車見えますかね…

あれから3ヶ月ですし、現在はもっと進んでいるのでしょうね
そうあって欲しいです




岸辺の広場では老若男女がダンスしていてました

良いですね〜♪


20分くらいで帰って来たのかな?(忘れた)

大満足なセーヌ川クルーズでした

個人旅行だったら絶対にクルーズ船なんか乗らないので(船苦手)

ツアーだからこそ、良い経験が出来たんだと思います!


そのあと、1日目にも泊まったパリ郊外のホテルにチェックインして
(二部屋で計4枚のカードキーがすべてエラーだった)
(フランスではよくあるらしいけど、お願い!ちゃんと確認してくれーって思いました)
(1日目もエラーだったし)




私の予定では、このあと凱旋門に登ってから、シャンゼリゼ通りをオーシャンゼリゼ歌いながら歩くはずだったのですが
(そしてその辺りのレストランでディナー)


すでに遅かったのと、ツアーのミッションが盛り沢山で

さすがにこれ以上両親を連れ回したらアカン気がして 笑

ホテルの近くで晩ごはんすることにしました




空は明るいけれど、もう結構な時間なんですよ

とりあえず通りを歩いて、アレコレお店を覗いてみたりして
閉店間際のスーパーに入ってみたり


一駅分ほど歩いてから通りを戻って来て、
結局ホテルに近いイタリアンのレストランにしました



なかなかお客さん多かったです

風避けつきのテラス席に座りました


食べるの大好きな私なのに
全然お腹空いてなくて( ̄▽ ̄;)

3人で
サラダとアボカドシュリンプとパスタとピザを頼みましたが

いちいち量が多くて(←言い方)




ぎゃーっとなりました


お皿はテーブルからはみ出てました 笑




それでもそれなりに美味しく頂きました
パスタはイマイチだったかな←フランスでイタリアンはあかんかったな

お料理の盛り方が凝ってましたね


…頼みすぎたのかなー(;`・ω・)
最後の方は拷問のようでした
↑↑↑
朝ごはん以外は毎食ラスト拷問だった気が笑
(私だけですけど)



夜9時とか過ぎてましたが、この明るさ


ホテル帰って、窓から遠くにエッフェル塔のシャンパンなんとかというイルミネーションを見て(めっちゃキレイ☆)

お風呂入って寝ました


次の日も

予定がてんこ盛り!!
o(`・ω・´)○


●つづく●

クラシカルが新しい

  • 2019.08.19 Monday
  • 18:26
本日宝塚大劇場千秋楽を迎えた、星組公演
『GOD OF STARS -食聖-』
『エクレール ブリアン』



2回、観てきました(別の日)

どちらもお得意の立ち見にて 笑


お芝居の方はなかなか新しいというか珍しいというか…

所謂「小劇場」(←演劇ジャンルとしての)の作品を大人数で豪華に仕上げたような

私の感想はそんな感じです
楽しい作品ですね♪
中華物ってカラフルでゴージャス


『エクレール ブリアン』は久しぶりに観る正統派なショー

昔、こんなの観てた!
一周回って新しい!
落ち着く!
好き!

ショーがもう一回観たくて、2回目も行ったと言っても過言ではありません

お衣裳の色味、選曲
好きです!!

少人数の景も、ほう!という選抜メンバーで
選ばれた方もファンの方も嬉しいだろうな

『ザッツ・ライフ』の場面は…

『ザッツ・ライフ』と言えば杜けあきさん
なので(ファンでした!)

ちょっと違和感と言ったら失礼ですが…許して下さい、今でも時々歌うくらい好きなので(私が)
こう歌ってほしいというのがありすぎて( ̄▽ ̄;)


でもその曲を再び宝塚で聴けたことは嬉しかったですし、そこからラインダンスに行くんや!な流れが意外でワクワクしました♪
場面やメンバーはスゴく好きです!


…でも
どうせなら、杜さん以来でファンになった望海風斗さんで聴きたかったです(スミマセン)(ほんとにスミマセン)

なんてね笑


トップスター紅ゆずるさんと娘役トップスター綺咲愛里さんの退団公演

ザ・宝塚な正統派なショーで、それがお二人に合っているというのも嬉しい発見でした

と、スタバでブログ書いてたら、まさにこの作品で使われていたボレロの曲が流れるという!
タイムリーすぎる!


今回、2回目の立ち見はあっきー(秋吉里香氏)と観に行きました

私「ほんとに立ち見でもいいの?」
秋「いい!挑戦する!」

そう
あっきーは初めての立ち見だったのです


立ち見のプロ(自称)なみーちゃん(私)に頑張って付いていく!とドキドキなあっきーが可愛かったです 笑


立ち見の50番…微妙なところなので、私も位置取りに気合い入れましたよ

「私が様子みて場所取るから、すかさず付いてきて!」
ってね( ̄ー ̄)

ドキドキしました、私も笑

無事に並びで取れましたが、端っこだったので…もっと真ん中が良かったかな

端っこは音響効果が思った以上に悪い(涙)
↑↑↑
学びました


そんな観劇でございました♪

あっきーとは開演前にランチしてから、大好きなお店でお茶もしました(時間があった)(立ち見券ゲットするために早く行ったので)



桃のタルト〜 (○´∀`○)
美味しかった〜!

一番好きな果物は桃なのです

どうやったらこんなにきれいに剥いて切れるんかな〜ってあっきーがしきりに不思議がってましたが

ほんまに

どうするんやろ?


桃と言えば、「桃はお風呂場で食べる」という一家のことを思い出す…

夏ですな

みーちゃんの夏!

  • 2019.08.18 Sunday
  • 20:16
私の夏・2019

まだまだ夏ですが、とりあえず…


一番夏らしかったのは、7月に夏休み中の愛する甥っ子たちと行った川遊び

遊びに来てくれた何日かの間で、唯一のお休みだったこの日

甥っ子たちはお昼過ぎから用事があるということで、午前中だけがみーちゃん(私です)に割り当てられました

この日差しのキツイ、暑い暑い中、川遊びか〜(汗)
あそこ陰ないし〜(汗)

と、いくらオババカでも気が重くて(オババカの風上にもおけないですね)


それでも

夏休みはみーちゃんと川遊びをした
. :。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。: .


という最っ高の楽し〜い思い出を
愛する甥っ子たちの胸に刻み付けたくて(←愛が重い)

張り切って行ってきました!


私一人ではムリなので笑
ちゃんとママ(妹)にも来てもらいました
(妹、ゆっくりしたかっただろうにごめんよ)

箕面のとある公園にある川
行ったらすでにたくさんの人が

特に男子連れのママたち
時々パパ

妹が
「やっぱみんな男の子のパワーもて余してはるねんな」
って言ってました 笑




前日雨だったので水量多め

私は…ここ、2回目かな〜
前に来たときは、甥っ子のオムツがパンパンになってた思い出(私ではない)

1ヶ所でしゃがんでずーっと遊んでたけど

ご覧の通り、アッチ行ったりコッチ行ったり
石を集めてダムみたいなのを作ってみたり
蟹を見せてもらったり
遊び方が逞しくなってました!!

すごい成長してる( TДT)


私ももちろん川に入りました




なんかね、うちの妹含めママさんたちは皆ラッシュガードみたいなやつを上も下も着ていて、水の中用の靴みたいなのを履いていて
スゴいんですよ

私も川遊びっぽい格好を、持っている服の中からなんとか捻りだしましたが
1人だけ通りがかりの人が川に入ってきた…みたいでした

ビーチサンダル流れて行ったし(;`・ω・)
↑↑↑
甥っ子次男坊Yくん(年中さん)がすぐにパッと救出しに行ってくれました
↑↑↑
かっこ良かった!
優しさに感動( TДT)

って

めっちゃ川遊びした!みたいに書いてますが、
実は途中で脱落して、日傘さして座ってました
オバチャンはあかんな〜
ママたちは逞しい!(そうならざるを得ないのでしょうけれど)
ほんとにスゴい!!


甥っ子たちの成長ぶり、まだまだ書きたいんですけど
ここらでやめときます笑


でもこれだけは書きたい

甥っ子長男坊Jくん
小1、初めての夏休みの宿題

朝起きて、誰にも言われず自分でアレコレ宿題してました

そういうタイプ??ってびっくりですよ

今だけかな〜笑


私の場合、
宿題は夏休みの最終日、もしくは提出日の前夜にしかやらなかったので
(間に合えばよい)
(毎日記入すべきものは最終日に適当にすればよい)
(バレないよ!)(←と、思ってた)

あ、親が手伝ってくれるなんて勿論ありませんよ!
(呆れられてたのね笑)


小学校から高校、下手したら大学までずっとそうでした

夏休みの宿題を七月中に済ませてしまう人の気が知れない

と思ってました


ら、この夏知った

うちの父はまさにそういうタイプだったということを

向こうからしたら、私みたいなのが信じられないそうです

Jくん、箕面のじいじ(うちの父)に似たのかな?
いや、多分いまだけやな


でね、絵日記も描いてて

見せてもらったら

「ごめんね、みーちゃんはいないんやけど」

って、みーちゃんが行けなかったお祭りの絵日記を見せてくれました




みーちゃんとの川遊びも描いて〜( TДT)

おっきい蛇もいたやんか〜!(怖かった)

とは思いましたが、
こんなものを描けるようになったのか!と感動したのでした

「ごめんね、みーちゃんはいないんやけど」って
この気遣い笑

可愛すぎる!!


Jくんとはお風呂も一緒に入ったし♪
(Yくんには嫌がられた(涙))


そんな夏の思い出2019

もう一回遊びに来てくれる予定
みーちゃんの忙しい日に!(涙)

でも楽しみ楽しみっ

ちっきょうじゃー千鳥じゃー

  • 2019.08.17 Saturday
  • 20:04
今月上旬、お墓参りで岡山へ
↑↑↑
お盆前なので高速道路は比較的空いていて助かりました!

まずは叔父や親戚に会いに行き
(お墓は岡山市内、田舎は岡山の端っこです)

そのあと、駅近くのお店でお昼ごはん



シャコも入ってましたよ(←好き)
美味しいお寿司に
美味しいお吸い物も付いていました♪

何よりお店のお母さん、お姉さんがとっても感じの良い方たちで
それだけでほっこり(*´ー`*)


食後は初めてこちらへ
↓↓↓



笠岡市立竹喬美術館

なんか、テレビでやってたみたいで
両親がそれを観て、行きたいとなって
まあ行ったわけなんですけど

何を隠そう私、絵は好きだけれども…こう…美術館でふんふん言うほど好きということもなくて

絵は好きなんですよ!(←2回目)

たくさん見たいわけではない、というのが正しいかな 笑

なので、内心「美術館か…ちょっとめんどくさいな…」なんて思ってたんですけど




すごく良かった!(*゚Д゚*)

しみじみ良かった!


不勉強なもので、小野竹喬さん(ちっきょう)
知りませんでした

竹喬さんの10代から80代で亡くなるまでの絵が飾られていまして

びっくりしました

人ってこんなに画風が変わるものなの??!!って

最初は日本画なんです

それがどんどん変わっていって

面白かったです

11月末までやっているそうなので、皆様も笠岡へいかれました際は、是非覗いてみてください


千鳥(芸人さん)の笠岡です


そのあと、道の駅に寄って(←好き)

また高速道路に乗って岡山市内のお墓へ

ちょうど台風の来ているときで、結構な雨の中のお墓参りとなりました

まあ、カンカン照りじゃなくて良かったということで…

しばらくお墓参り出来てなかったので行けて良かったです♪

パリ♪(ベルサイユに咲く紅薔薇のように、の人のお部屋もみた)

  • 2019.08.09 Friday
  • 17:07
タイトル長くなった!


分かる人には分かる…
要するにマリー・アントワネットのことなんですけど→ベルサイユに咲く紅薔薇

前回のパリ旅行記、ヴェルサイユ宮殿の庭園に引き続き
今回は宮殿内部でございます

一度は行ったみたかったヴェルサイユ宮殿!!

●つづき●です!




私たちは団体さんの入口から

イヤホンガイド付で、現地で暮らす素敵な日本人マダムガイドさんの説明を聴きながら、中を見て回りました

ガイドさんすごいな〜
と感心することしきり

説明なかったら、見たものの価値、半分も理解せずゴールしてましたよ


とか言いながら

…もう内容はほぼ忘れておりますので(やはり)
写真の羅列で済ませます!




意外と一つ一つのお部屋は思ったより狭かった印象
でも天井は高く、いちいち豪華ではあります




そうそう
私の中ではベルサイユと言えばマリー・アントワネットとルイ16世なのですが、一般的には太陽王ルイ…何世や?(忘れた!)

まあ、その太陽王のお話の方が多かったです



ほうほうと説明を聴きながらも、添乗員さんの
「今日もあの子達出勤してるから気をつけて!」←スリのこと
という言葉に気が抜けません

出勤という言葉がまさにそれを表しているというか…
スリで生計を立てているのですね
プロのスリ

気を抜かず、写真を撮りまくる
そしてそれが何かはもう忘れている…






死ぬまでに一度は見たかった
ガラスの間はそれはそれはもう豪華でした☆

被写体がオノボリ感満載で残念








ここで夜な夜な舞踏会が開かれていたのか

マリー・アントワネットがポリニャック夫人と挨拶するかしないかの駆け引きをしていた場面を思い出しました(多分漫画)(多分ポリニャック夫人)







↑↑↑
マリー・アントワネットの寝室…だったかなぁ?笑

改装中で見られないかも、とのことだったけれど
「あ、終わってますねえ!皆さんラッキーですね!」とガイドさんが仰って

ほんとラッキー!
メンバーに日頃の行い良い人いはったんやなあ♪

ラッキーとか言いながらうろ覚えなんですけどね…







私が一番印象に残ったのはこの画です
↓↓↓




コマドリが鳴いていました(心のの中で歌った)


そして勿論こちらの画も






たっぷり観光出来るかと思っていたのが、案外駆け足だったのが残念でしたが
(広すぎるのですね)

行けて良かった!!




美しい光景です!

●つづく●

美しく青く…と言えば

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 16:48
美しく青く
と言えば

『美しく青きドナウ』←小学校の音楽でフルで習った(日本語の歌詞)

なのですが

多分それは関係なかったです



赤堀雅秋 作・演出
『美しく青く』


ささやかな日常の水面下には、誰もが不安や不満を抱えている。
それでも生きていく。それでも生活は続く。
空と海は、今日も美しく青く、そこにある。
(公式サイトのあらすじよりお借りしました)


印象的なポスターのお芝居を観に、久しぶり…久しぶり過ぎる森ノ宮ピロティホールへ



たまたま観る前に

「何も無さそうに見えても、絶対にみんな何かを抱えてる」「そうじゃない人なんていない」

という話をしていたのですが、まさにそんなストーリーで
何とタイムリーな!と驚きました


面白くて哀しくてでもなんだかあたたかい作品
何が正解なんだろう
どうやって生きて行けば良いのだろう

自問自答しながら観る自分がいました
そのように観られた方、たくさん居られるのではないかなぁ


演出も、役者さんたちも皆様素晴らしい
特に、平田満さんはじめベテランの方々の、普通を演じる凄さに胸を打たれました

観ることが出来て良かったです


小劇場サイズの作品に、豪華なセットだったのも印象的

あと、キーパーソンの猿(パーソンじゃないか)
我が街箕面と言えば猿、なのでそこも身近に感じました
猿と人間と自然とが共存していくことの難しさ…ですね


それと、個人的には福田転球さんも楽しみにしていて♪
拝見出来て嬉しかったです

昔昔、転球劇場の『CAT』を観に行ったことがありまして、めっちゃ面白かったんですよね〜
あれ、再演しないかな〜笑


観劇前は、誘ってくれためぐみん(ありがとやで!)と、
前々から行ってみたかったお店で遅めのランチしました




エッグベネディクト、美味しかったぁ
. :。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。: .
オランデーズソースの絶妙な酸味が気に入りました♪
美味しい紅茶もポットでたっぷり3杯頂きましたよ(お腹たぷたぷ)

可愛いお店に、お店の方もとても感じが良くて
絶対にまた来よう!!
と思い
「また来ます」と店員さんに伝えて帰りました

なのでまた行きます!

レビュー・セレブレーション♪

  • 2019.07.28 Sunday
  • 16:02
今月の初め頃、みきちゃん(舞城みき氏)と和倉へ遊びに行ってきました

駅のホーム集合で
べらべら喋って
気が付いたら和倉でした


チェックインの前にとあるお店でみかちゃん(鞍馬みしろ氏)に遭遇!

その節はありがとうございました
( ̄ー ̄)☆


そのあと、腹ごしらえして
お腹いっぱい〜とか言いながら『能登ミルク』でジェラート頂きました





お店の前に、いつの間にやらハンモック(?)が出来ていて
絶対にこんなの乗られへん〜難しい〜と思ったけど
「簡単ですよ♪」
とのみきちゃんの言葉に勇気付けられ(←大袈裟)

乗ったら確かに簡単でした

これ、家にあったら炬燵並みに寝てしまうわ(;`・ω・)
お布団に辿り着けないわ!
(我が家に炬燵はありませんがそんな感じ)


てなことやってるうちにジェラートが溶け始めたので、急いで美味しくかっ込みました
うん、美味しかった!!

あえの風ショーも拝見し



↑↑↑
かのん(希咲花音氏)の郎女、ばっちり観れました


そんなこんなで、雪月花歌劇団月組さんの『レビュー・セレブレーション』を観劇♪




客席降りで来てくれた時にばっちり撮影(みきちゃんが)

上は、かのん(希咲花音氏)
下はあっきー(秋吉里香氏)


上手チームと下手チーム



と、私が撮った照明スタッフさん

この写真はあえてフレームアウトさせてますが、ばっちり笑顔です!


終演後に、お疲れの皆様とお写真撮って頂きましたv( ̄Д ̄)v


美しい男役さんたちと♪




左:トップの鞍馬みしろさん
右:煌海柚希さん

持ち上げて貰いました


撮影中、若い可愛い娘ちゃんたちがキャーキャーギャーギャー( ☆∀☆)言ってて 笑

可愛くて私が負けました
決してきらみのお顔を見て笑ったのではありませぬ…決して…




そして、可愛い娘役さんたちと♪




(前列右から)
美園あおいさん
朱璃まひろさん
希妃ゆらさん


(後列右から)
藤奈愛里さん
秋吉里香さん

希咲花音さん
朝比奈優さん


右下の写真が二十四の瞳っぽい(良く言い過ぎ?)


大阪での最終通し稽古を拝見して以来でしたが、作品がブラッシュアップされていて
若者たちがキラキラしているのも嬉しくて

ひょっとしたらもう観に行けないかな〜と思っていましたが、エイッと行って良かったです(*´ー`*)
楽しかった!!



こちらの公演もあと僅か

7/31日が千秋楽でございます!!


梅雨も明けたことですし
是非是非
和倉温泉加賀屋 シアタークラブ花吹雪まで足をお運び下さいませ☆



忙しすぎるみきちゃんは始発で帰り

私はあっきーとランチ&お茶して帰りました♪



美味しかった♪
楽しかった♪
あっきー、付き合ってくれてありがとね(*´ー`*)


雪月花歌劇団月組の皆様、スタッフの皆様、楽しいひとときをありがとうございました
. :。 ヾ(◎´∀`◎)ノ 。: .

千秋楽までキラキラ輝いて
片付けも頑張って下さい 笑

パリ♪(ヴェルサイユ宮殿の庭園)

  • 2019.07.21 Sunday
  • 20:07
パリ旅行記●つづき●です!





本当に良いお天気で良かった!

とは言え
風は強く、気温も低いので
ウルトラライトダウンが手放せませんでした




ここを潜ると、左側に庭園への入り口
ちゃんと手荷物チェックありました




空が綺麗〜!


写真で見た光景
写真も美しいけれど、実物のすごさよ





宮殿もですが、これだけのお庭を造らせたルイ14世の力よ

ですね(何がですねやですけど)


入園チケットが空に映えます
(いちいち撮った)




青い空に
青いパンフレット
青いダウンジャケット

青トリオ←どうでも良い





はしゃぐ大人
てか私も青いし!










↑↑↑
庭園側から見た宮殿





逃げない白鳥と♪


実は、「ベルサイユ宮殿庭園の噴水ショーをご覧いただける」ツアー

だったんですけど

噴水見られへんかった〜
・゚・(●´Д`●)・゚・


噴水ショーの時間が決まっており
その時間帯に私たちはお庭におりませんでした


せっかくだから見たかったなあ(涙)


まあ、お庭にいられたのも少しの時間だけだったので…
(団体さんは忙しいのです)


プチトリアノンなど、時間があれば見たかったのですが
勿論そんな時間もなくて

急ぎ足の庭園散策(自由行動)が残念でした



お庭を出て、次は宮殿に入るべく、団体入り口に集合したのでした




右の絵が描かれている建物は現在修復中だそう

紛れさせるねー


柵は金ぴか
修復後だそうです




眩しすぎる中、必死に眼を見開いた一枚

このときの心中は

「ここで衛兵隊が歌い踊ったのかな」です←絶対違う


●つづく●

妖艶な少女

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 19:02
6月最後の日の夜

なんばへ行ってきました



トワイライトな夜景が綺麗で思わず観光客に紛れて写真撮りました

雑然とした美しさ

しかし相変わらず人が多かった〜!


そんな人波を掻き分け掻き分け
向かったのは『GOTTA JUNE NIGHT』


4月に拝見したフードミュージカルゴッタの特別バージョンで、

いつもお世話になっている伊瑳谷門取先生と北林佐和子先生のお嬢様、
ふうこちゃんこと實川ふうさんが『DOJYOJI道成寺絵巻』という作品を演じられるということで伺いました

満員御礼で、私はギリギリで拝見出来ました



(ゴッタの公演のあとに、DOJYOJIが上演されました)


今までふうこちゃんの舞台を観られた方々が口を揃えて「妖艶!」って言っていた意味がよーく分かりました
(私、拝見するのは初めてでした)


ただ者ではない雰囲気を纏った大人少女
(そして、ふと、めっちゃ可愛い)

というのが私のふうこちゃんのイメージ(普段の)


舞台上のふうこちゃん、否、ふうさんは確かに妖艶以外の何者でもなかった!

作品もあるとは思いますが、妖艶さの中の少女性のバランスがとても素敵でした



白いお着物が實川ふうさん


1人であれだけの表現
集中力と体力と
すごいなぁ

そうか
あの先生方の娘さんだもんな

って納得するとともに

血だけでない、
ふうこちゃんの人生が溢れ出てるんだろう
と思い、ちょっと涙が出ました←どの目線

ふうこちゃんの清姫
悲しくて美しい
ええもん観たなって思いながら帰りました

情念
女の情念
ええな

って

怨念より情念やな

情念って、女の特権やな(と思った)


私も心をぐわんぐわん動かしたいなぁ〜
とうらやましく感じました


そして

映像で参加された赤星マサノリさん

ミュージカルスクールの先輩で、一方的に存じ上げております

遠くから眺めたことや
所属されていた『世界一団』の公演を拝見したこともあり

赤星さん=男前

なんですけど、まさか映像作家もされてるとは!

…出はれへんの?
男前やのに??←そこ大事

と思ったら、最後のご挨拶で紹介され、私も皆さんと一緒に振り返りましたよ
(後方で観てらっしゃいました)

相変わらず男前でいらっしゃいました

赤星さんも拝見出来て嬉しかったです!笑


うわぁ〜って文字が迫ってくるのが怖かったです(上手く言えませんが映像の感想)
安珍の気分になりましたもの



この日は色んな方にお会い出来て
楽しみなお誘いもあり
色々感じた
そんな観劇でした

パリ♪(3日目・食べて移動して食べて)

  • 2019.07.16 Tuesday
  • 20:15
パリ旅行記の●つづき●です!


モン・サン・ミッシェルの朝は靄がかかってました



朝ごはんのバイキング



チーズやパンや
もっと食べたかったけど無理でした
美味しかったですよ♪

紅茶のティーバッグもふんだんにあり、見てるだけで楽しかったです♪


レストランの方が笑顔で

「Comment allez-vous?」(英語のHow are you?)

と仰って

思わず「あ〜!!コマンタレブーや!!
(((o(*゚∀゚*)o)))」


ってなりました
ってか、そう言いました

大学時代第二外国語のフランス語の授業で習ったわ!

でもなんて答えたら良いか分からへん〜(涙)

なのにその方が「あなたフランス語分かるの?」ってなって

いやいやいや〜習ったけど何も覚えてない〜
Non,Non,Nonですわ〜

ってなんとなく遣り取りが出来て
ちょっと嬉しかったです 笑

↑ほぼ日本語でしたが


習ってて良かった
勉強してへんから何も覚えてないけど

因みに、行きの飛行機でも「merci」って言っただけで「フランス語分かるの?」ってなったし、自由行動の日にタクシーの運転手さんにも言われました

なんでしょか
国民性??←違う気がする


分からないし話せないけど
授業やシャンソンやフランス料理などで、実は身近なフランス語

行く前にもっと勉強すれば良かった!!
(海外旅行あるある)
(反省するけど次には生かされず)

でも下地があって良かったです
うっすら、ね( ̄ー ̄)


そんなこんなで
モン・サン・ミッシェルにお別れして


また四時間ほどバスの旅

酔い止め薬は毎日飲んでました(辛い!)




途中のサービスエリア
↓↓↓



ラッキーなことにお手洗いが混んでいなかったので、時間を有意義に使えました

飲み物買ったり、散策したり


停まっているトラックの長いこと長いこと
そしてカラフル

ヨーロピアンサイズですか?



大きいミニカーみたいで可愛かったです♪←


そしてまたしばらくバスに揺られ

ついにあの憧れの街へ!!



そう、そこはベルサイユ!!!

そうか、宮殿の回りはこんな感じの街並みなのか

みんなここを馬車で通っていたのか

フェルゼンが「ゆけゆけ」してたのか!!
(あれはパリかな?)
(分からない方は宝塚の「ベルサイユのばら」のフェルゼンとマリー・アントワネット編を何とかしてご覧下さい)


宮殿の前でバスを降り
宮殿を横目にまずはランチタイム

正直全くお腹空いてませんが…
ツアーの皆さんとテーブル囲むのもこれが最後です
(ここからのご飯は自力)




横断歩道の向こうのレストランです

なんと
なんとこの信号(歩行者側)

青信号の時間、たったの4秒
(;´゚д゚`)


健康的に歩ける私でも渡りきれないのに…
ホント容赦ないわ〜


ランチは名物のエスカルゴ



ちゃんと食べたの、恐らく初めてでしたが
美味しかったです♪

バゲットに合う合う!

お腹いっぱいでバゲットも1切れしか食べられなかったけど

メインは鮭withぶよぶよのマカロニ←正直者

デザートにフルーツケーキ

さすがにちょっと残しちゃいました…

新婚旅行の皆さんや、ひとり旅の年上の方や、同じテーブルの方たちみんな「もうお腹が…」ってなっている中、うちの母だけがペロリと食べていて(父も何とか食べてた)

なんか
お母さんスゴいなと感心(健康の証ですかね)

それにしてもお野菜がないのが辛いです




そんな感じでお腹を満たしに満たした後は、いよいよ!!

あの柵の中へ!!



●つづく●

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM